How to try piano's competiton!

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

第25回グレンツェンピアノコンクール地区本選!

第25回グレンツェンピアノコンクール地区本選!

予選の時になまじ目標以上の賞に恵まれたせいか、
慢心が生まれたような気がする今回。
その心を引き締めようと渇を入れると完全自失に陥り、
慰めて励ませば天狗になる。

更に反抗期に突入しつつあるあの子に、
何を言っても心まで届かず耳を素通りしていく。。。

厄介この上ないものになりました。



曲調も苦手分野でなかなか仕上がらず、
追い詰められていく娘。
どうなることか、、、と最後まで気を揉んでいましたが、
やっぱりやる時はきちんとやれるようになったんだなぁと感じる演奏になりました。



「変わりましたね」
前回の予選に付き添えなかった先生が、
演奏を聞き終わってふと漏らした言葉。

プレッシャーに負ける、
緊張しぃの娘の演奏が、
舞台の上でよく歌い、
響き、
そして気を付けるべき箇所にきちんと神経を通らせるような演奏ができるようになったこと。

「成長しましたね。審査員の先生がどう評価しようと、先生は今日の娘ちゃんの演奏に大満足です」
と言ってくださいました。


結果、
上位三賞に滑り込みました^^



本人の望む通りの水準で本選を通過したこと。
私もとても嬉しく思います!



金管に発表会曲にこのコンペ。
本当に忙しい中、
泣き言沢山言いながらも淡々と日々の練習を頑張った娘。

「本当に真面目な子ですね。いつもとても頑張ってやってきてくれ、今年は全くたるむことなく一生懸命にここまでやってくれました」
と先生からレッスンの態度も誉めて貰い、
全てにおいてご満悦の様子でした笑。


本当にお疲れ様!
なんとか有終の美を飾ることができました。

冬休みは少しだけ満喫させて貰い、
また年明けから頑張って最後の難関、関東大会を突破できたらと思います。
悲願達成出来ますように!!!!

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村