コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習録・その①。

コンペ後、初レッスン。

個評を見た先生が言ったのは、
「(指摘を受けている所は)全部先生が言っている事だったね」
との事だったそうです。

えぇ、そうですね。。。orz



ファイナルまではこの日を含めてレッスンは4回。
ってことで、今日もビデオを持って行く。

だがしかし、この日の練習は発表会曲に終始。
(ちなみに発表会まではこの日を含めて6回)



発表会曲は今までの娘のイメージと違い、
物凄く激しくて強い曲。

それでも通常発表会曲は楽譜4ページのものを弾いていたのに対し、
今年は3ページしかない。
そんなに符数も多くないし、大丈夫だろ・・・。

と思っていた私。
現在たどたどしくではあるが、両手で2ページ目まで。



ところがどっこい!
ビデオを見ていると先生、
物凄く焦ってる!!!!

「これじゃ間に合わないよ! 」
と!!!


そうなの?

求められている水準が高いのか、
娘の指が弱いのか、
いかんせん、緊迫ムード。


本人、家で怠けていたわけじゃない分、
弱冠可哀想に思えた。

裏拍を取る練習と、
弾き方の再三の注意を受けて終了。

ひとまず先生の教えてくれる表現に耳を傾けられるほどには弾き込んでくれないとお話になりませんね。
楽譜を追うのに必死過ぎる。
コンペが終わってから3日の特訓では付け焼刃も甚だしかったか。。。



そしてコンペ曲までは到底時間が回らず・・・。

模範演奏を弾いて貰い、
娘のダメな部分をアップで先生の正しいやり方をビデオに撮らせて貰うだけで精一杯でした。

残りは家でやれという事でしょう。
頑張ります><



ひとまず!
次回までに発表会曲を弾き込む事、
拍の大事な曲らしいので、
正しく拍を入れられるようになることを重点的に頑張らねばなりません。。。

大変だなぁ。。。

 にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村