コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

コンクールに出る子はみんな生ピアノか?!

ピアノを習うご家庭の永遠のテーマですね。

家に置くピアノ問題。

 

ピアノのお教室、先生、

全ての方が口をそろえて言います。

「生ピアノが良いです」

と。

 

わかってますわかってます。

十分わかった上で、

それでも電子ピアノしかおけない人はどうしましょうという話です。

 

 

それでも、

未だかつて、

「電子ピアノの方がいいですよ」

なーんて人に出会ったことがありません。

 

当たり前ですね。

ピアノはあくまでピアノ。

「電子ピアノ教室」と銘打ってない限り、

そのお教室は「ピアノ」を習うもので、「電子ピアノ」とは別物ですから。

 

 

さて。

じゃぁどれだけ違うのか??

 

 

 

 

ハッキリ言って電子ピアノの音と生ピアノの音の違いは、

素人がちょっと聞くくらいじゃぁなんにもわかりません。

当然私にもわかりません><

 

だからこそ厄介です。

よくわかっていないお父さんや、素人お母さんが考えると、

「・・・同じじゃない?? 」

になってしまいますから・笑。

 

正直ちょっとした趣味なんかで習わせるなら、

電子ピアノで良いのではないかなと個人的には思っています。

ピアノは高価な上、調律などの維持費もかかります。

また、弾かなくなった際にも場所を取ります。

 

あ、でも、中には「電子ピアノお断り」な先生もいらっしゃいますので、

ご相談してみるのが良いと思います。

 

 

さぁ、じゃぁ本題。

「コンクールには必ずピアノを持っていないと出られないの?? 」

 

出る出ない自体はピアノの所持の有無を問われませんから、

誰でも出る事が出来ます。

そして入賞は必ずしもできないのかと言われたら、

そんな事もありません。

 

 

お恥ずかしながら、

我が子は電子ピアノ組です。

しかもめっちゃ初心者向けな電子ピアノを所有しています。

 

コンペに出始めの3年生の頃はやっぱり電子ピアノである事の弊害と言うか、

指の形や指の力のなんたらってヤツが多少気になってもいました。

事実、

先生も指の動かし方やカタチを度々指摘してきたりしました。

 

それが我が子の性格的なものによるものなのか、

電子ピアノ故の弊害なのかまではちょっとわかりませんでしたが、

でも今までの中で、

ハッキリ、

電子ピアノだから通過しなかった!!

と思うような事は一度もありませんでした。

 

気をつけているというのもありますが、

指の指摘や動かし方も最近は何も言われません。

娘は器用に、

「電子ではこの音だけど、ピアノで弾くとこうなる」

的なもので考えつつ練習をしているようです。

 

 

 

 

一応受賞歴はありますので、

ほどほどなコンクールであれば全国大会や金賞を狙う事も十分可能です。

(娘実績)

 

が、さすがに、

名のあるコンクールの全国大会で優勝したい!!

将来はピアニストになりたいから音大に言って留学をしたい!!!

そういう気持ちが強い人は電子ピアノを長く弾いていない方が良いのではないかなと思います。

 

そして1つ補足。

我が家は去年辺りから、

レンタルルームと言うものを定期的に利用しています。

家で朝晩練習するような時は電子ピアノ。

レッスンとコンクールや発表会が近い時は1週間に1度レンタルルームでピアノを借りて練習します。

 

そんな状態ですが、

ひとまず、

コンクールに出る子だからといって、

全ての人が生ピアノかと言うと必ずしもそうではありません。

友人の中にも何人か電子ピアノでコンクールに挑んでいる子を知っていますし、

「うちは電子ピアノだからコンクールは諦めよう」

と思う必要はないと思いますよ^^

 

気になっている人はどんどんチャレンジしてくれるといいなって思います♪

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村