コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

汐留ベヒシュタイン サロン

汐留ベヒシュタイン・サロン | ユーロピアノ株式会社

 

施設情報↓

80席収容出来るホール。

とても綺麗な作りで新しい感じ。

とあるコンペ会場として使用したが、

舞台袖らしい舞台袖がなく、

エントリー者全員が中の客席で待機する形式だった。

 

 

素人の個人的主観↓

意図していたわけではないのだが、

国産のピアノばかりを使って練習して来ていた娘。

ここで初めて、

「なんか違う感じがした。鍵盤が小さい気がして弾きにくかった。しかも音がこもるんだよ>< 」

とクレーム。

鍵盤は小さいわけがないので、本人の錯乱である事は確実。

でも先生曰くベヒシュタインはドイツ製のピアノで、

国産に比べて音の重厚感があり、

押し込むように弾かないと鳴らないかもしれないね。

とのことでした。

娘、10歳の頃です。

 

 

周辺情報↓

とても素晴らしい景観。

イタリア街と言う街並みの一角にあり、

季節が良ければ前の広場のベンチでボケーッと日向ぼっこも素敵だと思います。

アクセスは各駅から歩いて4-8分程。

地図を頼りに方向音痴が歩いていきましたが、

迷う事はありませんでした。

浜離宮朝日ホールに比べると駅からは少しありますが、

駅前まで出ればどの駅にも食事が出来る所はありますので、

時間を潰す事に関しては浜離宮朝日ホールよりは楽かもしれません。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村