コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

How to try コンペディション! 何から始めればいいの?

さて、

ピアノのコンクールと言うものが何かわかった。

(わかってない人はコチラ

 

やらせてみたいんだけど、

何から始めればいいの????

そんな方の為の今回の記事です。

 

 

まずはズバリ!

今習っている先生に、

「コンペに出てみたいです」

と申し上げてみよう。

 

私も後から知ったのだけど、

実はコンペに対応出来る先生と出来ない先生というものが存在する。

 

私は先生なら誰でもコンペに出る指導が出来るものだと勝手に思っていたのだが、

コンペは単に上手に弾ければ良いと言うものではないらしく、

その辺は各先生が音楽についてどれだけ学んできたか。

と言う事に左右されるらしい。

 

ピアノの先生と言う職業には資格や基準が一切ない為、

ぶっちゃけ誰でも先生と名乗る事なら出来るのである。

音大に通ったり留学経験がある方も「ピアノの先生」だし、

某大手ピアノ教室に10年位通ってそこそこ弾けるだけの人も「ピアノの先生」と言う事になる。

 

 

だから今後お教室を変えようかとお悩みの方や、

今から始めようかと思っている人は、

「我が子がコンクールにチャレンジするかどうか」

と言う事も踏まえてお教室を選んだ方が良いと私は思う。

 

せっかく子供がやる気になっても先生を変えなくてはトライ出来ないのでは敷居が高くなってしまうしね。

 

我が子の場合は、

4歳から某大手音楽教室の幼児科と言う音楽レッスンを受け、

そのカリキュラム終了と同時に個人のピアノ科に編入した。

 

その頃は我が子にコンクール参加の意思はなかったけれど、

「もしかしたらトライするかもしれないので、コンペ指導の出来る先生でお願いします」

と言っておいた。

 

あれから6年、

我が子は未だに先生をチェンジする事を頑なに拒否しているので、

(先生が大好きと言うより、環境が変わるのがイヤみたい)

あの時コンペ指導の出来ない先生だったら、

きっと我が子のチャレンジはなかったと思っている。

 

 

 

まぁ、お教室によっては最初から

「勉強になるのでコンペへの参加を推奨していますが良いですか」

とコンペへの出場を条件に入会させるようなお教室や、

逆に、

「うちは小さい子のコンペ参加は一切指導しません」

とアンチコンペな先生も存在するので、

まずは

「意向を聞いてみる! 」

これに尽きるのです^^

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村